BOOK4 : 【小冊子】労務トラブル事例集

ここ20年の間に、企業における人事労務マネジメントの環境・アプローチが大きく変わりました。

 

労働審判制度の確立、インターネットをはじめとする、情報化社会の進歩により、労働者の権利意識は急速に増していきました。

 

一方で、企業における労務管理の現場は、以前に比べると大分、進んではきておりますが、これまで寛容であった労働法に対する価値観が支配しており、従業員の意識よりも進んでいないのが現状です。また、そのような状況を逆手にとって、従業員側に有利なような誤った知識、過激な行動を促す専門家、団体も登場しています。

 

本冊子では、法律の解釈よりも、「実際にどのように対応したら良いのか」ということに注力しております。また、各企業ごとの相違を、「規程のポイント」「運用のポイント」の2つを付け加えることにより、できる限り、企業様の実情に対応できるように工夫しております。

 

掲載されている事例は、実際に発生した事例に対して、汎用的にするために、ある程度の加工・修正をしております。

しかし、それらの事例は、すべて 所謂、普通の会社で、実際に発生した事例です。

 

それぞれの事例に対して、

・ 規程のポイント

・ 運用のポイント

を記載させて頂いております。それらを見て頂き、規程・運用の具体的手法を理解して頂くとともに、 実際にトラブルが発生した時の対応方法を理解して頂ければと思います。

この冊子を通じて、モンスター従業員やそれを支援する弁護士等の専門家から企業を守るための 一助にして頂ければ幸いです。

 

 

※注

人材関連会社、コンサルティング会社、会計事務所、社労士事務所等、同業者と思われる会社・組織のダウンロードは固くお断りいたします。

 

提供サービスの詳細は、労務診断勤怠管理導入支援労務研修、労務コンサルティング等、  

他、様々なサービスがございます。

 

こちらからダウンロードして下さい。

(日本の人事部のサイトにジャンプします)

 

※日本の人事部ユーザー登録がない方は、お問い合わせフォームより、ダウンロード資料名を記入の上、ご連絡頂戴できればと思います。

 

 

2017年07月06日