Case12 : 労務コンサルティングサービス

【業種】製造業      【従業員数】約500人

未払い賃金の清算と今後の賃金体系構築支援

 ー支出を最小限に抑え、ラインマネジメントの強化を実現ー

 

これまで、年俸制を採用しており、それぞれの裁量に任せる部分が多かった。しかし、株式公開にあたり、労務リスクありと判断され、未払い賃金の清算を命じられました。金額・基準に関しては、会社に一任されたが、コンプライアンス上である根拠を明確に明示するように指示されました。

これまで個々人に任せており、給与額そのものに関しては十分支払ってきたと自負しているため、支出をできるだけ抑え、且つ、今後の制度構築・運用に支障をきたさないことが求められました。

さかえ経営では、現行の業務内容を精査すると同時に、採用すべき労働時間の選定を行うと同時に、今後の制度構築に向けたストーリーを考え、それらに沿った形で、未払い賃金を算出しました。

 

 

 

提供サービスの詳細は こちら から(労働時間削減)

 

詳細資料はこちらからダウンロードして下さい。

(日本の人事部のサイトにジャンプします)

 

※日本の人事部ユーザー登録がない方は、お問い合わせフォームより、ダウンロード資料名を記入の上、ご連絡頂戴できればと思います。

 

2017年10月05日