Case22 : 生産性向上支援サービス

【業種】小売業      【従業員数】約1200人

必要人員数の把握と業務プロセスの見直し

 ー必要人員数の把握による運営改善の実現ー

 

当社はとある商品を扱っている小売業で、これまで順調に店舗数を拡大していました。しかし、近年正社員の採用の苦戦や既存社員の離職などにより、店舗運営が困難状態になってしました。元々、特に正社員に対しては、過重労働の傾向にあり、メンタル不調者も出ていました。

これまで培ってきた店舗オペレーションの見直しに着手するともに、労働時間削減、さらには優秀店長像の構築、それに伴うキャリアパスの構築に着手しました。

 

 

 

 

提供サービスの詳細は こちら から(労働時間削減)

 

詳細資料はこちらからダウンロードして下さい。

(日本の人事部のサイトにジャンプします)

 

※日本の人事部ユーザー登録がない方は、お問い合わせフォームより、ダウンロード資料名を記入の上、ご連絡頂戴できればと思います。

 

2017年10月05日