Case21 : 生産性向上支援サービス

【業種】運輸業      【従業員数】約700人

業務プロセスの見直しとワークライフバランスの実現

 ー多能工化による必要人員数の削減の実現ー

 

当社は大手企業の関係会社であり、これまで安定したビジネスを行っていました。しかし、近年、親会社からの売上が減少傾向になっていました。売上が減少した理由は、より価格の安い他社に依頼されていた、もしくは自社で賄うようになっていました。

企業規模が小さいため、新たな付加価値をつける必要がありましたが、長年の培ってきた価値観の見直しが難しい状態でした。製造・建築もできる多能工化という方向性は、当初からありましたが、労働時間の増加やスキル不足に問題で、改革が先送りされていました。

 

 

 

提供サービスの詳細は こちら から(労働時間削減)

 

詳細資料はこちらからダウンロードして下さい。

(日本の人事部のサイトにジャンプします)

 

※日本の人事部ユーザー登録がない方は、お問い合わせフォームより、ダウンロード資料名を記入の上、ご連絡頂戴できればと思います。

 

2017年10月05日