Case8 : 「働き方改革」支援サービス

【業種】ホテル・旅館業      【従業員数】約200人

企業再生後の業務の見直しによる効率化と生産性向上

 ー生産性向上による効率化により利益率150%UPー

 

当社は一度経営危機になりましたが、株主が変わることによって、救済されました。しかしながら、人件費の高騰はかねがね問題になっており、この削減が急務となりました。しかしながら、顧客に対してのサービスの低下は想定しておらず、現状の品質を維持しつつ、業務の効率化・生産性向上が課題になっておりました。

しかしながら、従業員の平均年齢は高く、且つ、社歴も長いため、これまでのやり方に固執する傾向があり、中々改革が進んでいませんでした。 制度改定については、一定の着地が見えていたので、従業員の意識改革とそれに伴う、具体的なアクションプランの立案・実行が急務になっていました。

 

 

 

 

提供サービスの詳細は こちら から(労働時間削減)

 

詳細資料はこちらからダウンロードして下さい。

(日本の人事部のサイトにジャンプします)

 

※日本の人事部ユーザー登録がない方は、お問い合わせフォームより、ダウンロード資料名を記入の上、ご連絡頂戴できればと思います。

 

2017年10月05日