Case9 : 「働き方改革」支援サービス

【業種】専門サービス業      【従業員数】約600人

労働時間削減とサクセションプランの実現

 ー労働時間削減の施策立案と管理者育成により15時間削減ー

 

当社はこれまで実働に応じた賃金を適切に支払っていませんでした。そのため、管理者には労働時間管理の意識は勿論、業務の効率化等の概念が全くありませんでした。

この度、等級制度、それに伴う、時間管理対象者の見直しを図りました。しかしながら、現場には労働時間の意識がないため、時間外手当等の賃金の上昇が懸念されるとともに、勝手残業が横行し、管理者等との賃金のギャップが懸念されました。 そのため、現場の管理者の一部に対して、労働時間削減の意識醸成を図ることを目的として、労働時間削減のプロジェクトチームを発足しました。

 

 

 

 

提供サービスの詳細は こちら から(労働時間削減)

 

詳細資料はこちらからダウンロードして下さい。

(日本の人事部のサイトにジャンプします)

 

※日本の人事部ユーザー登録がない方は、お問い合わせフォームより、ダウンロード資料名を記入の上、ご連絡頂戴できればと思います。

 

2017年10月05日