経営との融合と運用定着化に主眼を置いた人事制度構築

貴社にあった人事制度を安価に導入できる、さかえ経営の「HR-CUBE」

 

ポイント1:スピーディ且つ安価に導入可能 

貴社独自の制度を安価に、且つスピーディに導入できます。 基本コンセプトとしては、「貴社独自制度という認識」「運用できる」人事制度を目指します。

 

ポイント2:会社方針・経営戦略と連動した人事制度

経営を動かす人事制度を基本にしているため、企業活動を動かすエンジンとして機能すると同時に、会社の方向性・ベクトルを統一する効果を狙います。

 

ポイント3:高い運用定着率

貴社にあった制度であるため、平均運用率は、5年を超え、多くの企業で制度として定着化しています。

 

 

サービス詳細

1.人事制度の基本コンセプト

さかえ経営は、これまで15年に渡り、約100社に対して、人事制度を導入をしてきた実績があります。

この実績で学んだことは、導入も大切だが、それ以上に運用が大切ということです。さかえ経営では、人事制度の骨格である、「等級制度」「評価制度」「賃金制度」をそれぞれ、5つ程度の考え方に分け、それぞれのメリット・デメリットを明確にします。貴社のビジネスの内容・社風、経営の考え方などを確認し、貴社に合った制度を構築します。その結果、導入の負荷を軽減し、その分、運用に力を入れることができると考えております。

 

しかし、単にこれらのものを導入することは容易です。制度導入以上に、何のために人事制度が必要なのかを議論する必要があります。

 

人事制度導入の目的は下記のようなものだと考えられます。

・ 経営戦略・経営方針を伝える

・ 会社として求める人材を明確にする

・ 日々の業務に対して、目的・目標を与える

・ 公正・公平に評価する(平等でない)  など

勿論、こちらに記載されていることがすべてではありませんが、それらのことを十分に議論する必要があります。さかえ経営では、単なる制度導入に終始するのではなく、「何故」「何を狙うのか」などを最大限考慮し、制度導入から定着化まで実施します。

 

 

 

 

2.人事制度導入サービスの内容

さかえ経営の人事制度の全体像は下記の通りです。

1.等級制度

役割や職位、職務などを明確にし、それら毎にレベル分けをします。検討のポイントしては、会社として重要視しているのは何かということです。会社として求める人材や欲しい人材像を定義していきます。また、過去と将来をどのように考えるのかも重要になります。

 

2.評価制度

評価制度は半年(もしくは1年)間の期間の評価です。経営計画に連動した目標管理や、経営方針に合致した行動計画等を立案し、日々の業務目標や経営計画等の理解を浸透させるように設計・運用します。また、適切に目標・行動設定や実際の評価の目線合わせを実施します。

 

3.賃金制度

既存の賃金水準や他社水準などを考慮すると同時に、等級制度の枠組みごとに賃金水準を設定します。また、昇給降給や賞与の枠組み等も検討することにより、人件費の分配についても、企業の意思を持つように設計します。

 

 

 

3.導入をお勧めする企業

このような企業様に導入をお勧めします。

1.社内の一体感を高めたい企業

2.経営計画・経営理念等を浸透させたい企業

3.管理者のマネジメント能力を高めいたい企業

4.適切に人件費配分をしたいと考えている企業

5.評価ベクトルを統一したい企業

6.目標管理等の運用を適切にしたい企業    など

 

 

 

実績・事例

これまで多くの企業で高い評価を頂いております。

・食品加工業(従業員数120名)

・製造業(従業員数600名)

・自動車販売業(従業員数300名)

・製造業(従業員数1200名)

・システムコンサルティング業(従業員数500名)

など、約30社程度の実績があります。

また、お客様の満足度は約90%であり、研修・アセスメント等のリピート率も90%になっています。

 

その他、詳細な他社事例がございます。

詳しくは下記から、ご覧ください。

 

 

 

【 参考資料 】

 

これまでなかった「人事制度、制度内容・運用状況チェックシート」

ダウンロードして頂いた企業様には、弊社が分析し、貴社の状況と課題をご回答させて頂きます。

現行の状況と、今後の方向性が明確になり、より対応がスムーズに進むようにフォローさせて頂くことを目的としております。

※ 今回はあくまでも、簡易版の診断であり、結果に基づく行動に対して、弊社は一切の責任を負いません。

 

(日本の人事部のサイトにジャンプします)

※日本の人事部ユーザー登録がない方は、お問い合わせフォームより、ダウンロード資料名を記入の上、ご連絡頂戴できればと思います。

 

 

 

 

2016年06月26日